キャッシングで得たお金を習い事に使用した柿崎

30代の男性です。
現在アルバイトをしています。
アルバイトをしているのですが、生活費自体が少なく毎日節約して暮らしています。
正社員で働くことが出来る仕事を探していますがなかなか見つかりません。
そのため、収入が少ないのですが自分自身がスキルアップするために習い事をすることにしました。
資格を取って実際に即戦力として働けるようにしたいと考えています。
以前語学の勉強をしていましたので英会話の勉強を考えています。
しかし時間はあるのですが英会話スクールに入会するためには、大金が発生します。
そのため、キャッシングをすることにしました。
キャッシングした額は50万円です。小口融資※1万、2万、3万、10万円を即日キャッシング
初期の費用が30万かかるのですが、それ以外に月々の月謝などがあり結果50万円をキャッシングしました。
アルバイトをしている私にとっては非常に大きな金額ですが、自己投資と考えてキャッシングをしています。
これから英会話を勉強しながら、正社員になれるように努力したいと考えています。

何気なく助けてくれるアコムのキャッシング

「アコムの申し込みをしていますか?」とアンケートで聞かれて、その経験はないなと思ったんですが、よく考えると契約していました。
私の場合、ローン専用のカードではなく、アイフルのキャッシュカードを申し込む際に付加していたんですね。
借り入れをするときは、キャッシュカードを反対方向に入れて使うというものです。
そういえば、1度だけ反対方向に入れて1万円借りたなというのを思い出しました。
では、借りたのは1度だけなのかというと、実は何度も助けられています。
アコムのカードローンは口座残高が不足した際に、自動融資をしてくれる機能が付いているのです。
なので、クレジットカードの決済代金や水道料・光熱費の引き落とし、税金の引き落としなど残高が不足していたときに何度か自動融資を受けた経験があったんです。アコムの審査はどうなんだ?
利息は取られますけれど、公共料金などが引き落としできないと後日督促が来て面倒な手続きが必要になるので、キャッシングの機能は便利だと思います。

隣の席で聞いたカードの会話

こないだ、電車で座っていたら、隣の座席に座っているサラリーマンの会話が聞こえて来ました。
カードローン即日のカードを作ったおかげでかなり今月は助かったという話でした。
それまで私はクレジットカードは持っていましたが、カードローン専用のカードは持っていませんでした。

彼らはちょうど30代半ばといったところでしょうか。私と同い年ぐらいの彼らの話は身につまされる思いで聞いていました。
確かに給料だけではやっていけない昨今、カードローン即日のお世話になることも多いでしょう。

今、私は会社勤めを辞め自営業・・とは言っても、自宅でウェブ関係の仕事を請け負ってその都度、収入を受け取っている身分なので、今度のカードローン審査では落ちるかもしれません。始めたばかりですし、何より収入証明が自分のつけている現金出納帳しかありませんから。

こういった「自宅で証明が得にくい収入を得ている人間」に対してカードローン即日ができるところがあれば、最優先で利用したいと思っていますが、現状は難しいかなとも思っています。

友人から10万円貸して欲しいと懇願され迷いました

昨日友人が相談があるから会って欲しいとメールが来たので、仕事が終わってから食事がてら友人に会う事にしました。
メールだけではどういう内容の相談なのかわからないのでとりあえず久しぶりに会うという事もあって、食事は会社から近くの焼肉屋で会おうと約束しました。
会って席に座るやいなや、開口一番「お金が必要だから取り急ぎ10万円貸して欲しいと言われました。
今までもお金の貸し借りなどその友人とは一度もした事がなかったので、突然お金を貸して欲しいと言われ少々ビックリしたのですが、理由を聞いてみるとW不倫していた彼女が妊娠してしまって中絶するのに費用がいるけどお金が足りないからと懇願してきたようです。
私自身そんな経験はないものの、周りに同じような事で悩んでいた友人もいたので気持ちはよくわかります。
ましてや不倫では周りに知られずに隠したいと思う気持ちもあるでしょう。
中絶となればそんなに時間もないでしょうし、たぶん他にも借りるあてはあったのかもしれませんが、お金を貸しても逃げるような人間ではないのも知っていたし、期限を決めて仕方なく貸してやりました。
そのかわり中絶が終わったら彼女と別れる事を条件提示しました。
そうしないと彼もまた同じような事を繰り返してしまうだろうし、自分も同じような事になってもおかしくないので自分にも言い聞かせるように友人に約束を取り付けました。即日キャッシングで借入しました。今やキャッシングの借入は、誰もが気軽ににやってます。
本当は友人とはお金の貸し借りだけはしたくなかったのですが、やはり緊急事態ですし、そういう時ほどどういう行動を起こすかで人としての質が問われるのかなぁとも思います。

昨日の日記

昨日は大阪日本橋で1年に一回開催される、日本橋ストリートフェスタ2013に行ってみた。日本橋はここ最近よく行く場所である。自宅から自転車で20分ほどで到着することができる。
しかし、行っても何をするかと言うと特にないのである。ただ単に街を歩く、それが楽しいのである。街行く人たちはどこかのお店に入って欲しいものを見たり、買ったりしているわけだが、自分はそれがない。簡単に言えば街は好きだが、目的がこれと言ってないということだ。
昨日開催されたイベントは1年に一回開催されているのだが、いつも事後報告をネットで見るだけであった。でも今年は行ってみようという気持ちがあったので、軽く見る程度に出かけてみた。
最初はものすごい人で自分自身少し引いてしまったのだが、不思議と見慣れて来ると心地よい雰囲気になってきた。
コスプレをしている人が街を練り歩く、集団でも個人でも全く関係のない感じである。
この時点で自分の知っている日本橋ではないと言える。
自分も持っていたサングラスと黒いマスクで軽く変装をして歩いてみた。すると同じ黒いマスクを付けた方が居たので、話してみた。相手も気軽に話してこられたのでこちらも安心できた。
こんなに楽しいものだとは思っていなかった。来年にも期待したい。

残業が続いて思ったこと

普段、仕事が忙しくないときは定時で上がり、帰宅後すぐ顔を洗って化粧を落とすようにしていますが、最近残業が続いていたためなかなかそうもできず、気づくと肌荒れが始まっていました。しかも、残業が続いていたせいでストレスもたまっているのか、休みを挟んでもあまり肌も回復せず、さらにそれに輪をかけて、残業など帰りが遅くなった日は夕食も遅くなり、買ったもので済ませたりしてしまっていたので、肌には二重三重の負担になっていました。
先日、ようやく仕事が一段落し、今まで通り定時で帰れる日々が戻ってきたので、残業続きだった期間に進んでしまった肌荒れや体の疲れを取り戻すべく、一生懸命マッサージに行ったり、野菜や体に良いものを夕食に取り入れるなど意識して心がけています。
若い頃は、一日二日ろくに寝ないで飲みに行ったり、遊び回っていても、体が疲れたり肌荒れしたりというようなことはほとんどありませんでした。眠くても一晩寝れば翌朝には何もかも回復していましたが、残念ながら年齢には勝てず。回復にも時間がかかってしまいますので、この肌荒れや体のだるさなどが継続し続けないように、日頃から栄養や睡眠時間などには気を配り、少々残業等が続いても崩れない肌、体力作りを目指したいと、今回の残業明けに強く感じました。
お金が無いので、こんな事になる。キャッシング、キャッシング・・・私の人生は借金だらけw
即日中に主婦キャッシングできるのも、お金を貸す側にも責任はあるのではないかと思います。